うさりんのスイーツ&スイーツ

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スイーツの福袋 | main | ふるさと祭り東京2013のスイーツ >>

チョコレート展


スイーツ雑貨のお店 Sweets3D の店長 うさりん です。


今日は上野にある国立科学博物館で開催されている「チョコレート展」のご紹介です。

身近なスイーツのチョコレートをテーマに博物館で展覧会を開くなんて
ちょっと不思議な感じもしますよね。

でもチョコレート大好きなうさりんは興味津々!
写真もいっぱい撮ったのでご覧くださいピョン


大きな入口の門は全部チョコレートで出来てるそうです。


入口の前に展示されていた蒸気機関車とクジラもチョコレート製!



チョコレートの原料 カカオの木には大きな実がなってます。


栽培される国や地方によってカカオにはいろいろな種類があります。
クルミのような丸いカカオの実もありました。


カカオ豆の種類によってその特性を生かしたチョコレートが作られるそうです。


最初カカオは飲み物だったそうで、その歴史は紀元前2,000年にも遡ります。


とっても貴重品だったカカオは通貨としても使われていたとか・・・ビックリ


マヤ文明を滅ぼしたスペインによってカカオはヨーロッパに伝わり、
富裕層の間でその味や薬効が評判になって大流行!
やがて街中にはチョコレートカフェが何件も出来ていったそうです。


専用のチョコレートポットやチョコレートカップがいっぱい展示されてました。




やがてカカオ豆から油脂を取り除き、お砂糖やミルクを加えて
現代のチョコレートの形になっていったのですが、
そこには大変な苦労があったそうです。

ヨーロッパやアメリカの昔のチョコレートのポスターや包み紙


日本の会社のコーナーもあったんだけど何故か?撮影禁止!

ショコラティエが作った綺麗なチョコレートです。



その他にチョコレートが出来るまでの工程が分かるコーナーや
自分の写真を撮ってチョコレートのパッケージにできるコーナーなどがありました。

パンダ・ハチ公・恐竜もみんなチョコレート製です。





最後のお約束、お土産コーナーもしっかりありました。




バレンタインデーのチョコと一緒に贈るSweets3Dのスイーツなチョコレート雑貨をご紹介しますね♪

チョコパッケージデザインの長財布

合計16カ所のカードポケット・ファスナー付きの小銭入れ・
3つに仕切られたメインポケットなど最上級のスペックを実現しました。
ブラックの他にレッドとチョコブラウンがあります。

スノーチョコレート ギフトバッグ付きマグカップ

チョコレートカラーに雪の結晶をちりばめた素敵なデザインのマグカップです。

スニッカーズ LEDライト付きキーホルダー

デザインも大きさもスニッカーズチョコレートバーそっくりなキーホルダーです。
ボタンを押すと緊急時にも役立つほどのLEDライトが光ります。

チョコレート めざまし時計

チョコレートカラーのベルタイプめざまし時計!
前面は曲面ガラス、12個のラインストーンもおしゃれです。

チョコレート柄のメッセンジャーバッグ

外国のチョコレートバッケージがカッコ良くデザインされた
帆布製のメッセンジャーバッグです。

チョコレートのお箸セット

若狭のお箸職人がひとつひとつ丁寧に手作りしたチョコレートデザインの
お箸とお箸箱のセットです。
他にミルクチョコレートとストロベリーチョコレートがあります。

今回は上野で開かれているチョコレート展(2月24日まで)をご紹介しました。

次回は、ふるさと祭り東京のスイーツをご紹介する予定です。お楽しみにピョン


 スイーツ雑貨のお店 Sweets3D はこちら!

- | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする